WEBページ作成に欠かせないCSSを知ろう

CSSとは何か

CSSと聞いてもいまいちピンと来ない方がほとんどかと思われますが、WEBプログラミングを学び始めるとHTMLの次に学習するのがCSSです。

cascading stlye sheetsの略でレイアウトやデザインに関する情報を記述したスタイルシートを指します。

これだけ聞いてもわかりにくいかと思いますので、わかりやすく説明しましょう。

私たちが閲覧しているほとんどのWEBページはHTMLとCSSから見た目が構成されています。

その中でもCSSは、HTMLタグで囲んだ範囲の文字の大きさや色、背景の色および配置を指定するために使う言語です。

HTMLだけのWEBページを見ると、黒文字で味気ないページとなってしまいますが、CSSを付加することによって、色がついたり、背景を変えることができたりなどして、見栄えが大変良くなります。

HTMLとの違い

HTMLとCSSは異なるものです。

HTMLはいわゆるWEBページを構成する骨組みだと言ます。

つまりWEBページの構造です。

一方、CSSはWEBページの基本となるHTMLに対してさらに付加することでそれだけ見やすくもなりますし、サイトの閲覧数のアップにもつながります。

HTMLとCSSを駆使することによって、私たちにより好感を得やすいWEBページ作りが行われていくのです。

HTMLとCSSがよく分からない人へ

英語と数字が延々並んだ画面を見ると、なんだかものすごく抵抗感がありますよね。

「これはハードルが高い。。」なんて思ってしまうかもしれません。

ただ、HTMLとCSSはいったんコツさえ掴んでしまえば意外と簡単な言語です。

もし独学が難しいなと思ったらプログラミングスクールで学んでみてはいかがでしょうか。

現在は通学しなくてもオンラインで学べるスクール も充実しています。忙しい社会人の方も時間帯を気にせずに学ぶことができますよ。

オンラインのプログラミングスクール9校を徹底比較【初心者向け】 | ピーエスワンが参考になりましたので、気になる人はチェックしてみてくださいね。

スタイルシートとは

前述のスタイルシートの概念としては、WEBページのデザインをHTMLと別のファイルで管理するというものです。

HTMLで文書スタイルを制御しようとすると内容に合わないHTMLタグを使用してしまうこととなり、構造がわからなくなってしまうという問題が起きます。

しかし、HTMLで作られた文書でスタイルシートを加えることによって、デザインに関してはスタイルシートに任せて定義することができ、HTMLは文書の骨組みの作成のみに専念できるようになります。

CSSのメリット

CSSによって見栄えを調整することによって文書の構造とスタイルを分離して管理できることがわかりました。

CSSでは、PCのディスプレイ、携帯電話、印刷用、テレビなどの様々なメディアごとのスタイル制御も想定されています。

CSSファイルをメディアごとで用意すると、一つのWEBサイトで各メディアに対するスタイル制御が可能になるというメリットがあります

その他にも、CSSを使うことによってHTML文書の情報の純度がアップします。

どのような内容で書かれている文書かを明確にしやすくなり、さらに他のプログラムで処理させる場合も処理が簡単になりますし、文書の捕手や更新などの際も効率よく行えるようになります。