HTMLの正体を探る

HTMLとは何か

何気なく、WEBサイトを見ているとアドレスなどで触れることが頻繁にあるHTMLの文字。

しかし、HTMLとは一体何なのだろうかと何気なく見過ごしている方も多いでしょう。

WEBプログラミングの世界では基本の「き」にあたる、まさに最初に学習するべきものがこのHTMLにあたります。

HTMLについて説明

HTMLは、Hyper Text Markup Languageの略で、WEBページを作成するにあたってもっとも基本的なマークアップ言語のうちの一つになります。

私たちがよく拝見しているWEBページのほとんどがこのHTMLで作られているため、HTMLという言葉になじみがあるのです。

WEBページを私たちは読みやすいように日本語や英語など人間にわかりやすく見ることができていますが、WEBページを作成するに至るには、その裏側のソースがあります。

それを見るにはWEB画面上で右クリックをして、「ページのソースを表示」をクリックしてみます。

そうすると、ソースコードと呼ばれる英語の文字が並んだ画面が表示されます。

WEBページの中の表示や動作を命令することができるのがソースコードの役割です。

私たちがいつも見ているWEBページは、まさにこのHTMLタグを使用して構成されており、これが各ブラウザソフトで読み込まれることで私たちに見やすい言語に変換されたWEBページが閲覧できるのです。

HTMLの特徴

皆さんはハイパーリンクはご存知でしょうか。

WEBページ上で下線がついたテキストをクリックすることで別のページに飛ぶリンクです。

このハイパーリンクを埋め込むことができるテキストをハイパーテキストと呼び、WEBページから別のページにリンクを貼り付けたり、ページ内に画像や動画などのデータファイルをリンクで埋め込んだりすることができるのです。

このようにして私たちはWEBページで動画や画像を閲覧できるのですが、HTMLにはこのハイパーリンク機能によって関連している情報同士を結びつけることで、情報を整理しているという特徴を持っています。

HTMLを知ることでWEBの仕組みを理解できる

HTMLでWEBページを作成することができるようになると、WEBの仕組みについて理解できるようになっていきます。

そして、HTMLでは、WEBページのデザインまで変更できるようにもなり、WEBページの閲覧数を増やせるよう、そして閲覧者が見やすいように作り上げることができるようになるのです。